スクール開催日

スクールに申し込む

ロングボード初心者ワンポイントアドバイス

実際のスクールでレクチャーした内容とほぼ同じ内容を紹介してみます。
ぜひとも海で試してみてください。

「サーファーの動き」ではなく「ボードの動き」でアクションが決まる

スクールでよく聞くセリフに「一生懸命パドルしているのに全然前に進まない」とか「ターンの時にボードを傾けるように動いているんだど全然曲がってくれない」といったことがあります。ちょっと極端ですが「自分はこうやって動いているのにボードがいうことを聞いてくれない」というような悩みです。

ロングボードに限らずサーフィンは「波の上を滑っていくボードに乗る」遊びです。なのでボードが水の上でどんな状態かでおのずとアクションが決まってしまいます。

例えば波をとらえ始めて滑って行く瞬間、ボードの理想の状態は「どこも沈んでない」ということ。水面に静かに浮かべたボードは小指一本の力で押し出すことができます。その時の状態を再現できれば一生懸命パドルしなくてもボードは前に進みます。

ターンの時の理想の動きは「ボードのテール部分が沈んでノーズが水面に接していない」状態です。水面に浮かべたボードを動かすとき、ノーズ部分を掴んでボードを振り回すのは相当力がいりますが、逆にテール部分を掴んで振り回すのは子供でも簡単にできます。

極端に言ってしまうと、ボードさえ理想的な動きをしてくれればサーファーはどう動いていても構わないのです。

もし、サーフィンを楽しむ過程で壁にぶつかったら、少しだけ「ボードがどう動いていればいいのかな?」ということを考えてみてください。

サーファーが一生懸命動いてもボードが動かなければまったく意味がありません。ボードが理想的な状態になるようにコントロールするのがサーファーの役目だと思いますよ。

ボードから落ちたタイミングの二段階前を疑ってみる

もしなにかがうまく行かないなぁと感じたら、まずはボードから落ちたタイミングの二段階前の動作を疑ってみるといいと思います。
例えばテイクオフ。
テイクオフ直後に落ちてしまうのであれば、直前に行ったテイクオフの動作そのものよりも、波の捉え方や波を追いかけるパドルの時の動きなどに原因があることが多いです。ターンした直後にバランスを崩してしまうようなら、ターンの仕方が悪いのではなくテイクオフの動作に何か問題があることがほとんどです。ハングテンができないなら、直前のハングファイブではなくウォーキングのタイミングや動作を。カットバックがイマイチ苦手だと感じたら、ボトムターンのポジションやタイミングを。なにかがうまくいかない時は直前の動作よりも、そこにつながるもっと前から不自然な動きをしているということを是非知っておいてください。

ボードの真ん中に乗る

テイクオフがうまくいかない場合の一番の原因はこれです。

左右の真ん中はわかりやすいですが、うまくいかないのが「前後の真ん中に乗る」ということ。ここんところを意識するだけで一回のパドルで進む距離が違ってくるはずです。

ターンの後は足を揃える

ターンはうまくいく、でもそっから後が何もできない。という方はたいてい足を開いて踏ん張ってます。部屋の中で試してみるとわかりますが、足を大きく開いて踏ん張った状態から次のアクションを起こすのはかなり大変です。ターンのあとは一度棒立ちになるくらいまで足を揃えてみると、次の動きがやりやすくなります。

海の様子をよく観察しよう

「今日は練習するぞ!」と心に決めたら、まずは海の様子をよく観察してみてください。

自分好みの波はあるのか?波が一番割れているのはどのあたりか?波がブレイクしている方向はどっちなのか。

よく観察して自分の中で言葉にしてみると、いざ海に入った時に最初の目的を見失うことが少ないと思います。

スクール中、私は岸からずーーーっと海を見ているおかげで、海に入ってから他のサーファーが乗らないような波を捉えるのが結構得意です。

波を捉えられるかどうかは、ほぼ100%観察力です。

ボードを変えてみるのはある程度上手くなってから

ボードを替えたほうがいいですか?という質問もよく聞きます。

確かにボードを替えたほうがいい場合もあります。ですが、ころころボードを変える人はうまくなりません。せっかく自分で購入したボードなので、できることならある程度うまくなるまで乗り続けたほうがいいと考えています。これからサーフィンを始める場合、一度連絡をいただけたら「こういうボードがいいですよ!」ってのはアドバイスさせてもらいます。

あ、あと、ボードの値段が高いとか、有名なブランドだからって「あなた」に乗りやすいかどうかなんて誰にもわかんないですからね!

他のサーファーに挨拶しよう

最後になってしまいましたが、初心者サーファーが一番簡単に確実に上達する方法が「他のサーファーに挨拶する」ってことです。

ほんとに効きます!ちゃんとできたらスクールなんて受けなくていいくらいです!おまけにタダです!

騙されたと思って周りのサーファーに挨拶しまくってくださいね!

TOP